Posted on

そもそもバイアフリーとは!?

注文住宅を建てるときに、マイホームを終の棲家にするつもりで購入したい、将来は高齢の両親を迎えて暮らしたいと考えている人も多いでしょう。今は中年以下の世代であっても高齢者になるときが来ますし、両親と暮らすことを検討している人は介護を視野にした家造りの設計を考えることもあります。年を重ねても快適に暮らせるように、バリアフリーを意識した注文住宅は注目されています。バリアフリーとは、高齢者が安全に、快適に住める建物や街づくりのことを言います。近年では家庭内での高齢者の事故も多発しているため、家族が安心して暮らせるように、住宅のさまざまな部分でバリアフリー化がすすんでいます。

ここは押さえておくといいバリアフリーのポイント

バイアフリーのポイントは、家族でよく利用する共用部分です。特に重要なポイント部分は、玄関や廊下、キッチン・お風呂・トイレの水回りで、私たちの生活でよく使う場所になります。こういったバリアフリーのポイントでは手すりを付けたり、十分なスペースをつくることが必要です。玄関は入り口の段差をなくし、ベンチを置いたり、ドアタイプはレバー式が利用しやすいでしょう。

廊下や階段の床は滑りにくい素材にして、部屋との段差をなくせば足のつまずきを防げます。キッチンは流しや戸棚は低めに設計し、コンロはヒーターにすると安全です。お風呂やトイレはゆとりのある空間を作り、ブサーを付けるなどの配慮をしておくとよいでしょう。こういったバリアフリーを取り入れた注文住宅を建てる際は、バリアフリーの住宅に強みをもつ業者を選ぶのもポイントの一つで、さまざまなアドバイスを受けられます。

京都の注文住宅は、地域に密着した工務店などで購入でき、伝統的な工法を採用したり、腕利きの職人に施工を任せたりすることも可能です。