Posted on

高い断熱性と気密性を有します

北海道内で賃貸住宅を借りるときに気になるのが、住宅の構造かもしれません。何故なら冬の北海道は寒さが厳しく、本州とは住宅の造りが異なっているからです。北海道の多くは多雪地帯であり、賃貸住宅の造りにも独自の工夫がなされています。その特徴が、高い断熱性と気密性です。

札幌をはじめとして北海道の近代的な賃貸住宅では、壁の内部や天井裏や床下に分厚い断熱材をたっぷりと敷き詰めています。窓ガラスも2枚の強化ガラスを組み合わせて、その間を真空状態にしたペアガラスを用いたサッシが主流です。こうすることで外気からの冷たい空気をシャットダウンできるので、暖房効率を維持しながら室内を暖かく保つことができます。

住宅の外壁には、温度差が大きい環境での耐久性を高めた窯業系素材と呼ばれるパネルを張り合わせることが、北海道の賃貸住宅でも普及しています。窯業系素材の上にパステルカラーの塗布を施したものが多く、カラフルな賃貸住宅も少なくありません。

屋根の形状にも特徴があります

北海道の賃貸住宅、特に低層階のアパートなどでは、冬の雪対策として屋根の造りにも工夫がなされています。まず本州のように瓦屋根がほとんどなく、金属製の屋根材を使っています。屋根の形状として一般に落屑屋根と無落雪屋根と呼ばれる2つのタイプがあります。落屑屋根は屋根の勾配を急にすることで、積もった雪を滑りやすくさせています。無落雪屋根は平らで雪が落ちない分、建物の構造を強化し雪の重みで住宅がつぶれないようにしているのです。

室蘭の賃貸の特徴は、交通アクセスに恵まれている点です。駅からほど近く、路線バスも利用しやすい環境が揃った物件が多くあります。