Posted on

過去に信用事故がないことは重要

注文住宅を建築する場合には、住宅ローンを組んで建築する人が多い傾向にあります。特に建物だけでなく土地も同時に購入する場合は、それなりのお金になりますので一括で支払うことは難しい人が多いでしょう。住宅ローンを組む場合、審査がありますのでこの審査に通らなければいけません。審査基準は何通りかありますが、その中で重要になるのは過去に信用事故がないことです。過去にお金を借りて返済しなかった場合に、「信用事故が発生した」などと言います。例えば、過去に消費者金融からお金を借りたけども、返済できずに債務整理をした場合などは信用事故が発生したといえるでしょう。これらの事実は、情報信用会社の情報を閲覧すれば簡単に見ることができるため、他社からお金を借りた場合でも信用事故があるかどうかは一発で分かってしまいます。

どれぐらいの返済額を設定するべきか

注文住宅を建築するにあたり、住宅ローンを組み審査に通った場合でも、それだけで安心してはいけません。住宅ローンを組むことにより、継続的にお金を返済していかなければならない義務が発生します。いくら、住宅ローンの審査に通ったからといって完済することが約束されている訳ではありません。やはり住宅ローンの審査に通った人でも一定の割合で返済できなくなる人がいるのは事実です。そこで、毎月の返済額をどの程度にすれば返済することが可能になるかを知っておくとよいです。返済額に関しては、その人の給料によって変わってくるところですが、毎月の給料の1/5未満の返済額ならば、比較的容易に返済をすることが可能です。病気などにより働けなくなった場合でも、その程度の返済額ならば問題ないことが多いです。

名古屋は本州のほぼ真ん中中央に位置する都市です。名古屋の注文住宅は、全国にアクセスしやすい場所に自分好みの空間を作ることが出来ます。