Posted on

電気代を節約することが可能になる

最近は、賃貸物件の中でもオール電化の物件が増えてきています。オール電化とは、従来のようにガスと電気を両方使うのではなく、ガスを一切使わずに電気だけを使いおふろを沸かし、料理ができる仕組みです。オール電化にすることにより、電気代が節約できるのが大きな特徴です。少なくともガス料金がかからずガスの基本料金の部分は節約することができるため、毎月最低でも500円以上の節約が可能です。ひと月500円節約する場合でも、1年当たりに換算すると6,000円は安くなることはわかるでしょう。それ以外でも、深夜にうまく電気を使うことに成功すれば、その分だけ安くなります。例えば、スマートフォンなどを充電する場合も深夜に充電するとより電気代が安くなります。

火災などが発生しにくくなる

オール電化は、料理をするときでも一切ガスを利用しません。キッチンは炎がでないIHキッチンが利用されるのが基本です。IHキッチンの特徴の一つは、炎が出ないことです。てんぷらなどをあげる場合でも、火災になりにくいというメリットがあります。また、IHキッチンではやけどをしにくい点も魅力になります。例えば家の中に小さな子供がいる場合、IHキッチンならば炎が出ていないためやけどをすることが少なくなります。賃貸物件にもよりますが、オール電化システムをスマートフォンで操作することも可能になっています。寒い冬に帰宅する場合でも、外からスマートフォンを操作してエアコンを自動的に付けることも可能です。

千歳の賃貸住宅は、賃料が安価な物件でも対面キッチン、バスとトイレ別室等、快適な暮らしが出来る物件が複数あります。24時間緊急通報システムを導入する所もあり、若い女性の一人暮らしでも安心出来ます。