Posted on

費用について見ておきましょう

賃貸オフィスを利用する際、必ず見ておかなければいけないのが費用に関する部分です。多くの人は、安い家賃で利用できると考えているでしょう。ところが意外と割高な物件があるため、注意が必要です。そこでいろんな物件と比較しておくと良いでしょう。そうすることで、相場がわかるので、極端に高い家賃を払うなどといったことを避けられます。また賃貸オフィスの家賃は、設備が充実していると高くなる傾向にあります。しかし使わない設備があっても意味がないですし、何より費用の無駄遣いになります。具体的には在庫を保管するために利用する場合、空調設備がなくても困らないことが多いです。そのためエアコンがないところを探すだけで、家賃が抑えられます。

広さに関して覚えておくと良いこと

費用の次に大切なのが、賃貸オフィスの面積です。広過ぎると使わないスペースができてもったいないですが、狭過ぎると動きにくく業務に支障が出ます。そこで覚えておくと良いのが、一人当たりに必要な作業スペースです。もちろん作業内容などによって若干の違いはあるものの、目安としては三から五坪あれば良いと言われています。これに社員の人数を掛けた面積が最適な広さというわけです。ただし机や椅子を置き、その間を行き来するスペースを確保するなら、もう少し広めの賃貸オフィスを探すと失敗が少ないです。そして賃貸オフィスの場合、壁の内側から測っている場合と、壁の中心から測って面積を出す二通りのやり方があります。同じ面積でも後者の方が実際のスペースが狭くなるため、どちらのやり方で測っているのかを確認しておきましょう。

中央区で賃貸オフィスを借りる時、注意したいのが駅からの距離です。従業員や取引先のことを考えた上で検討します。