Posted on

おしゃれな家になる決め手は明かりプラン

家造りでは、できるだけおしゃれで快適な家にしたいものですよね。実は、明かりプランを工夫することによって、一気におしゃれな雰囲気にすることができるのです。そこでおすすめなのが、一室多灯プランです。もちろん、部屋の中心にどんと大きなシーリング照明を設置する、一室一灯プランでも、その照明器具のデザインをこだわることで、空間をおしゃれに見せることができます。しかしながら、この場合、部屋を均一の明るさに保てるというメリットを持っている反面、つい単調な雰囲気になりやすくなってしまうのです。一室多灯プランの場合は、必要な場所に、必要な明るさを配置していきます。例えば、ダイニングテーブルの真上にダウンライトやペンダントを配置したり、リビングの中心や壁際にバランスよくダウンライトを配置したり、というようにしていきます。こうすることによって、一つの空間の中に明るさのムラが出てきて、おしゃれな雰囲気をつくることができるのです。そして、必要な場所にはきちんと明かりが配置されているため、生活も快適に送ることができるというわけです。

さらにおしゃれに見せるためにできること

シンプルな一室多灯プランではなく、さらに一歩踏み込んだ明かりプランをつくってみたいという人には、間接照明がおすすめです。照明器具を見せずに、柔らかい光のグラデーションで空間の明かりを確保する間接照明は、おしゃれで高級感のある雰囲気をつくり出してくれます。また、ホールやトイレなど、小さな空間にダウンライトを配置する場合、その空間の中心ではなく、コーナーや壁際に寄せてしまうプランもおすすめです。明かりの位置を寄せることで、空間に光のムラができるため、おしゃれな雰囲気になります。

3000万の家は住宅を購入するに当たって十分に支払える価格です。そして快適に生活ができるだけの環境を整えられるので人気です。